knight2000 どきメモ ver3.0

湘南あたりで自転車を夜な夜な漕ぐ、熱き漢達のいわゆる自由へのラブソングス。どきどきメモリアル。 最近は通勤と昼間が多いっす。←たとえ都内へ引っ越しても湘南を走っている 事実w


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江ノ島→直江津の旅 その④

*****************
江ノ島→直江津の旅 序章はこちら
江ノ島→直江津の旅 その①はこちら
江ノ島→直江津の旅 その②はこちら
江ノ島→直江津の旅 その③はこちら
*****************

DSC04410.jpg


"草津温泉街"を抜けてから、どんどん景色が変わって行きます。
いやー高いところまで上がってきたなーって感じです。
故に斜度がどんどん厳しくなってきます。
まーどんな斜度でも速度は変わりませんけどね~
 
DSC04413.jpg


標高があがっていくのと反比例して、太陽はどんどん下がって行きます。
ヤバイッス!! この道はスキー場の横を通る道路が多いのですが…
リフトってすげぇ!!!!!! このひと言につきますね(笑)

DSC04415.jpg


で、これっす、
『硫化水素』がそこらじゅう流れでてて危ないので車は駐停車しないで下さいって…
自分は多分死亡ですね…(爆)自転車が走る想定をしてないんだな~
というか、普通はこないのかな? でも硫黄の臭い嫌いじゃないので、
自分には何の問題もありません。これはこれで美しい景色です。

DSC04419.jpg


開けたとこで見る太陽☆
日があたる所と当たらないところの温度差が凄いっす。
体感で5℃くらい違います。うへーほんとに山なんだーと感じる瞬間ですね。汗もたくさんかいていたのにこの辺では体には適温なんでしょうかね?

DSC04420.jpg


登ってきた道が物凄い事になってます!!!!
普通は2度目は無い!!と思うこの景色・・・でも、登りはもっと厳しいんですよ。
だって、物凄い上の道まで、見えちゃうんだもん、
あーあの一番上の山からバスが物凄い角度で下ってるー
しかし、バスの車体の長さは罪なヤツですよ。
水平規みたいに、坂の斜度がよーく分かるんですから(爆)
自分はコンタクトを入れてると、2.0くらいにバーンと視力があがっちゃうので
騙されようがないっす、見るほどに足がパンパンです(笑)

=======================
「こんなもんじゃねーだろう?え?"渋峠さん"よー
まだまだ、隠し持ってんだろ?激坂をよー え?
俺はだまされねーぞ、このやろう!!!」
=======================
↑このような事をブツブツ言いながら走っていた所為なのか…
すれ違う車から、物凄い声援を浴びまくりです。

「がんばれー」「腹へってねーか?」「アレーアレー」「やべーよ、コイツ」

このあたりまでは覚えているのですが…「アレーアレー」は分かってらっしゃる^^
物凄く嬉しかったです。でも、「やべーよ、コイツ」はあんまりでは?
まーそれほどヤバい顔だったんでしょうな~ Σ(゚Д゚)ガーン

DSC04425.jpg


で、なんだか、頂上っぽい所にでました。
ここが渋峠か??なんて思って、みんなにきいてみましたが、反応なし
でも、あれ?坂が下ってるよ!!! やった!!!!

DSC04427.jpg


いやーとうとうきたか、俺もやったぜ!!!
まだ日はあるしーなんて思ってたら…「白根火山」…
いやいや、ほんとしらねーから!!!!!違うの?、やっぱり違うの?
とかおもいつつ、下りはじめたら…やっぱり!!!
はるか彼方に同じ高さの道が見えます。
要約すると・・・もの凄く下って、もの凄く登るのです。

=======================
…へへへ、やるじゃねーか"渋峠"いいのもらっちゃったよ。
足がよーピクピクいってらー(涙)
=======================
↑しかしながら、諦める訳にいきませんので、
尾根沿いを漕いでいくしかありません…がんばれ俺!!!

DSC04428.jpg


太陽ももう"さようなら昼間"と告げようとしてます。
も~~~ものすごく日陰が寒いんです。足が震えるんですよー
標高が高いっていうのはこういう事なんだ・・・再確認しました。
で、とうとう…

DSC04432.jpg


ついたよーついたんだよー "渋峠" いやーマジで感動的でした。
月がこんなに明るいなんて(涙)
ピンク色と水色のコントラストがほんとうにほんとうに美しい訳で…
イヤーこの景色を見る為にあがってきたんだなーと(予定では昼間なはず・・・)
で遠くに"草津温泉街"が見える訳で、あそこから結構厳しかったなー
なんて思ったりして、結局、"草津温泉街"から渋峠まで、
結局、1度しか休めませんでしたよ。
でもがんばった甲斐があって、なんとか夕日をゲット!!!

DSC04436.jpg


しばらく休んでたら、地元の方と少しお話できまして、
アームウォーマー、レッグウォーマーを装備してると、
「あんちゃん、下りはさみーかもしれないけど
俺が後ろで、車がこねーように壁になってやるからさ~」
とお申し出てをいただきました。 
「横手川のとこにいるからゆっくり来ればいいよ~」
もう涙で前が見えません(大げさ)暖かさにふれました。

DSC04438.jpg


"渋峠"は雲海の上、夕日が沈んで行きます…
本当は日本海に沈む夕日を見る予定だったけど、最高です。
また、全行程"ひとり”って言うのがまた、よかった。
普段は大体がチーム戦なので、こんなのもたまにはいいすね~

DSC04441.jpg


夕暮れダウンヒル+レガシィの後ろ盾付きで長野県入り!!
ここからは得意のナイトランですね(笑)

その⑤へつづく

スポンサーサイト

Comments

もう~!、最高じゃん! 
他にない渋峠だね。
素晴らしい絵だよ!~
なんか一緒に走った気になっちゃって、こっちが涙が出てきた。
ヨッシャー!来年は渋峠だ!
すばらしい! 
渋峠から見た月や夕焼け、みごとですね!
一番いい時間帯に登ったんじゃないでしょうか。
>モリさん 
いやーBLOG書いた甲斐がありましたよ。
次回は是非行きましょう!!渋峠!!!
>tanyさん 
そうですねーいい時間帯というかいい時期でした^^
もうちょっと寒くなったら、たぶん寒くて下れませんもの
ちょっといい感じ景色でしたよー
綺麗だ 
渋峠の夕刻の絵は最高だね。
でも、やっぱこの時間には見たくないなぁ(笑)

それぞれにいい出会いもあったみたいだし、
「たまには一人」が、そのうち「たまにはみんなで」になるんじゃない?
>masaさん 
できれば、夕日は直江津港がよかったかと・・・
まーマイペースに差が出ない限りはチームで走りたいなーと
みんなでゴールする達成感もすばらしいです^^

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ikeda

Author:ikeda
何度も休止再開を繰り返してます。すみませんこちらは湘南あたりで自転車漕いでるTeam knight2000のページです。TEAM S.S.Rに所属しております。
三十路の三重奏をお送りします。過去ログはこちら

ブログ内検索
リンク
Calendar
06 ≪│2017/07│≫ 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。